e-yamagataトップページに戻る やまがたの暮らしまるごと応援サイト 「い〜山形 どっとこむ」
|インフォメーション |サイト利用規程 |街並み画像
e-yamagata e-住まいづくり e-スタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー募集 初めての方へ

e-スタイル
あなたの暮らしにエッセンスを
「e-スタイル」は 豊かな暮らしづくりをサポートします
 

ブライダルフェア情報
結婚が決まったら(指輪・結納)
結婚の準備
住宅ローン情報
マイホーム作りを応援
料理・食事
シェフ直伝かんたんレシピ
農家レストラン
子育て
eyamaママスタッフ
おすすめサイト

子育てインフォ
 (母子保健・家庭保健教育普及グループ)

県内子育て関連サイト
やまがた子育てサイト
 (やまがた育児サークルランド)
癒し・健康
お医者さんに聞いてみよう!
温泉めぐり山形路
趣味
プリズム
カルチャー
エンタメ
やまがた映画情報
E-YAMAGATAWeekly
毎週、選りすぐりの「e-スタイル情報」をお届けするメールマガジン。マネー情報や健康に関わること、結婚や子育ての生活設計に関するHow toなどをお届けしています!

メルマガ 配信登録する
どなたでも登録可能!

★新着情報
ブライダル
ブライダルフェアup5/16
山形グランドホテル/グランドエル・サン/パレスグランデール/東京第一ホテル鶴岡/
結婚の準備。。 5月の誕生石紹介up 5/1
山形県内のウェディング会場

5月のオススメ本 ほっと一息up5/1 (情報提供:(株) 八文字屋)
 
『二人のおうち』
『君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ』
『ミュシャ展』


5月のオススメ絵本 絵本の広場up5/1
 
『たべてあげる』
  りょうたくんは、ピーマンが大嫌い。イヤなものをどんどん食べてもらっているうちに…“大変”なことになってしまう。面白くて、コワ〜くて、クセになる、新型食育エンターテイメント絵本。



お医者さんに聞いてみよう! 正しい手洗いで元気に!up 2/21


 
シェフ直伝かんたんレシピ
だから、プロの味!!
情報
提供
:東京 第一ホテル鶴岡
:グランドエル・サン
山形ブライダル情報
ブライダルプラン
ブライダルフェア情報

お医者さんに聞いてみよう!
気になる体の症状のこと。
専門医にお話を伺っています。
やまがた映画情報
山形で 撮影した映画作品をご紹介

    (情報提供:(株) 八文字屋


『二人のおうち』
引田かおり・ターセン:著 / KADOKAWA:発行 / 価格1,566円(税込み)

 センスがよく自然体な大人のライフスタイルのお手本として雑誌やテレビにも取り上げられる引田夫妻。吉祥寺で経営するギャラリーとパン屋近くで、運命の一軒家と出会いリノベーションを実施。自分たちらしい住まいを作り上げていく様子を収めた一冊である。こだわったのは「シンプルでメンテナンスしやすい家」ということ。コンセントやスイッチパネルなどのパーツ選びにもこだわりが垣間見える。家電設備を選ぶときの苦労話といった、これから家を建てる方には非常に参考になる点も多い。

 
『君の前で息を止めると
呼吸ができなくなってしまうよ』

氏田雄介:著 / 講談社:発行 / 価格1,000円(税込み)

 素敵な写真が添えられた詩集、いわゆる写真詩集。タイトルを読んで頂いて、お気づきだろうか。「心が震えそうで、震えない」と帯にもあるように、あたりまえな言葉で綴られた詩集なのである。世の中には、うれしい出来事も、悲しい出来事もあふれるように存在し、感情の休まる暇がない。心を動かすことに疲れたとき、こんな「あたりまえな言葉」で意外と肩の力が抜けていく。あたりまえなのに、なぜか詩的で面白い。そして、なぜか前向きな気持ちがわいてくる。同じできごとでも、言い方ひとつで素敵なできごとになるのだと実感した。
 
『ミュシャ展』
国立新美術館:監修 / 求龍堂:発行 / 価格2,400円(税込み)

 優美で華やかな装飾芸術「アール・ヌーヴォー・スタイル」をつくり上げた作家アルフォンス・ミュシャ。花のように愛らしく魅惑的な女性たちをたくさん描いている。その微笑みの中に、ふと謎めいた哀愁が漂う絵は、今も多くの人を惹きつけている。今、国立新美術館では「ミュシャ展」が連日大盛況という。この展覧会の公式カタログにもなっている。大作「スラブ叙事詩」全20篇の世界初公開(チェコ国外で)ということでも話題となっている。華やかなアール・ヌーヴォー時代から苦悩の大作『スラブ叙事詩』まで最新の研究を一挙収録。


『たべてあげる』
ふくべあきひろ:著 / 教育画劇:発行 / 価格1,188円(税込み)

 りょうたくんは、ピーマンが大嫌い。「だれかかわりに食べてくれないかなー」。すると、コップの後ろから小さいりょうたくんが出てきて、ピーマンを食べてくれた。りょうたくんは大喜び。次の日も、嫌いなニンジンを食べてもらったりょうたくん。イヤなものをどんどん食べてもらっているうちに…“大変”なことになってしまう。面白くて、コワ〜くて、クセになる、新型食育エンターテイメント絵本。日本中のこどもたちの好き嫌いが、なくなるかも。





e-yamagataトップページに戻る