e-yamagata.com
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagata e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくり素人の目>建築工事の様子とインテリアデザイン決め
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
アイコンお金にかんすること 『お金にかんすること』
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
アイコン山形の家 『プロのチェック』
アイコン山形の家 『素人の目』
>きっかけ
>住宅展示場巡り再開
>デザイン・間取り
>土地の契約
>ハウスメーカーとの契約
>土地決済と地鎮祭
>建築工事の様子と
インテリアデザイン決め
>建築工事第2弾と
エクステリア
>家の完成・入居
>住んでみて気づいた点
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
夢の Myhomeができるまで!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ◆ ◇ 建築工事の様子とインテリアデザイン決め ◇ ◆
 
地鎮祭を終え、翌週から早速基礎工事が始まりました。
工事現場はあっという間に土が掘り起こされ、コンクリートが部屋の区切りがわかるように流されており、やぐらが組まれました。家の基礎づくりのために、ずいぶんたくさんの土を掘り起こしたらしく、土地の高さが数10センチ程嵩上げされていました。ほぼ道路と水平に見えた土地でしたが、玄関の位置は1メートルくらいになりました。外構工事に少なからず影響が出ます。

ところで当時の上司からは、「現場にはよく足を運んだほうがいい」と言われていましたので、毎週少しの時間だけでも工事の様子を見に行きました。
大工さんにはペットボトルのお茶を毎回差し入れしました。



工事と並行して、毎週末北洲ハウジングとの打ち合わせが続きました。内容はインテリアのことで、壁紙、照明器具や配線、カーテンなどです。インテリア・デザインの打ち合わせは大変です。というのも、このデザインこそこだわりますし、とにかく豊富な種類のなかから選択しなければならないからです。我が家の場合、いくつもの住宅展示場をまわり、北洲ハウジング以外のモデルハウスも含めて見てまわりましたし、厚さ10センチを超えるようなカタログをいくつも借りてくまなく見ました。インテリア雑誌も10冊は買ったでしょう。
北洲ハウジングでは、まずインテリアデザイナーの担当者が、壁紙、照明器具(配線)、カーテンごとに全体的な提案をしてくれます。私たちの担当者は女性デザイナーだったのですが、家の間取り図の上にサンプルをきれいに切り貼りして、すごくわかりやすく、きれいな提案書を作ってくれました。センスもよくて、いろいろこだわって提案のほかのものを探したものの、結局はじめに提案いただいたものになったりしました。

因みにインテリアの雰囲気全体は壁の影響が大です。我が家は三角の大屋根で、リビングは吹き抜けにしましたので、屋根の形状にそって天井は全て木貼りにしました。木の天井はすごく落ち着きますし、値段もさほど高くありません(ホワイトウッド)。その他の見せたい部分の壁と天井は塗り壁にしました。ケンコートという塗り壁で、人体に無害で、汚れた場合はその部分を削りとればいいというものです。値段も壁紙(クロス)より少し高いという程度で済みますのでおすすめです。我が家はこのケンコートを職人の気の趣くままに塗り放してもらいました。因みに外壁もジョリパットという塗り壁にして、これまた職人塗り放しにしました。これいいですよ。
家の建築工事は思ったより早く、4月には屋根も出来てきました。GW前には屋内配線を現場で工事に立ち会って確認しました。テレビをどこに置くか、コンセントをどの位置につけるか、電話やパソコンはどうするか、なんてことを図面と照らし合わせながら確認しますが、図面と実際の現場とはずいぶん感じが異なり、現場立会いで「やっぱりこっちがいい」なんてことがたくさんありました。配線工事業者の方も、いろいろと経験から提案をしていただき助かりました。テレビや電話の差込口は、数によって容量が異なり、値段もそれに応じて結構変わります。また、実際に生活してみて、「やっぱり必要だった」「こっちにつければよかった」なんてことがありますので、大事なポイントになると思います。
 
<< 土地決済と地鎮祭>> 建築工事第2弾とエクステリア

ライン

e-yamagataロゴ
Copyright