e-yamagata.com
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagata e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくり素人の目>土地の契約
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
アイコンお金にかんすること 『お金にかんすること』
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
アイコン山形の家 『プロのチェック』
アイコン山形の家 『素人の目』
>きっかけ
>住宅展示場巡り再開
>デザイン・間取り
>土地の契約
>ハウスメーカーとの契約
>土地決済と地鎮祭
>建築工事の様子と
インテリアデザイン決め
>建築工事第2弾と
エクステリア
>家の完成・入居
>住んでみて気づいた点
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
夢の Myhomeができるまで!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ◆ ◇ 土地の契約 ◇ ◆
 
ほとんど毎週末、北洲ハウジングの展示場や営業所で営業マンとのデザインや間取りの打ち合わせをしました。一方で、仮押さえしていた土地の本契約を促されていました。仮押さえといっても、何の効力もなく、他に買い手が見つかれば話はなかったことになります。

購入する土地は、もともと馴染みのある住宅団地にあり、環境や居住条件(CATV加入など)は知っていました。何度も土地を見に行き、時には一時間くらい滞在しました。同じ区画内に北洲ハウジングの家があったので、営業マンに近所の人間関係暮らしの様子についてきいてもらったりしました。営業マンにはいろいろと苦労をかけ、やっとの思いで購入を決意しました。
北洲ハウジングで家を建てようと思ってから2ヶ月が経過した12月のことです。

土地の仮押え→本契約

家の仕様最終決定=建築許可
土地の購入は、まず10分の1相当の頭金を現金で、残りは住宅ローンが払われた時に振り込むという契約で、もし住宅ローンが組めなかった場合のみ、契約自体がなかったものとするという特約条項がありました。
実際の契約は、オーナーの都合に合わせて不動産屋に行き、契約内容の説明を受けて、契約書に調印し、頭金をオーナーに納めるという時間にして30分くらいの簡単なものでした。しかし、この時から家作りは忙しくなるのです。

住宅ローンで土地の残金を納めるため、建築許可がとれるよう家の仕様を期限までにかためなければなりません。住宅ローンは土地と建物を買う場合、まず土地を購入しますが、これには原則としてその土地に建てる家の仕様を固めて役所からの建築許可をとる必要があります。

住宅ローンを組んで、その中からまず土地代金を決済し(つなぎ融資といいます)、建物が完成してメーカーから引渡しを受ける前に住宅ローンの全額融資を受けます(その際つなぎ融資分は一括相殺されます)。
土地の契約から代金の決済までに、家の仕様を固めなければなりませんので、私たちは営業マンのアドバイスでオーナーヘの土地代金の決済(所有権移転)は翌年1月末まで猶予をもらうことにしました。ところが年末年始をはさんだこと、仕様の詰めの段階での打ち合わせがうまくいかなかったことで、実際には3月中旬までかかってしまい、オーナーには迷惑をかけてしまいました。一生に一度の買い物は、簡単にはいかないものです。

 
<< デザイン・間取り>> ハウスメーカーとの契約

ライン

e-yamagataロゴ
Copyright