e-yamagata.com
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagata e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくりプロのチェック>遣り方
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
アイコンお金に関すること 『お金に関すること』
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
プロのチェック 『プロのチェック』
>はじめに
>参考物件
>地盤調査
>地縄
>地鎮祭
>遣り方
>基礎工事
>木工事/木構造
>屋根工事
>外壁工事
>気密工事について
>断熱工事「基礎知識編」
素人の目 『素人の目』
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
◇ 遣り方
 遣り方とは基礎工事に先立ち、基礎の位置・高さを敷地にあらわすための工程です。
遣り方がくるってしまうと、建物の形がゆがんでくる恐れがあります。地味で非常に目立たない工事ですが、非常に大切な工程です。
遣り方の施工順序
1.水杭を敷地へ建物の位置を示した地縄から約1mくらい離して立てていきます。(約1.8m間隔)
そのあとは予定建築物の真ん中ぐらいで、建物の隅を見渡せる所にレベル(水平を測定する測量器具)を設置して、水杭に基準になる高さを示します。
遣り方1
2.水杭に示した基準の高さに合わせて水貫を取り付けていきます。このとき、水貫の天端(上端)を水平にするように取り付けます。 遣り方2
3.敷地の境界杭等から、建物の位置を出し水貫に墨だしを行います。
最後にスケールをあてて敷地からの建物の距離を確認します。

写真:当社モデルハウス 遣り方 コーナー部分

遣り方2
遣り方4
図:墨だし
墨だしとは

水貫に基礎の位置を示すため、墨で印をつけます。

図:墨だしの説明
遣り方のコーナー部分です。水糸の下が基礎の位置になります。
水杭=水貫を打ち付けるための杭、遣り方杭ともいう。
水貫=水杭に水平に打ち付ける小幅の板で、予定建築物の高さの基準になります。
水糸=遣り方などで水平や通り心を示すのに使用する糸です。糸は木綿糸・ナイロン糸・ピアノ線など
遣り方5
図:遣り方を上から見たイメージ
図:遣り方を上から見たイメージの説明
地縄から約1mくらい離したところの遣り方を設置します。
赤線=遣り方
黒線=建物の形を示した地縄・敷地の外周
水色線=墨だし(建物の柱・壁の位置をあらわす印)

当社モデルハウス 遣り方全体図
 
<< 地鎮祭>> 基礎工事根切り
 
−自由設計・注文住宅・自社大工の直接施工−
FPの家ロゴ株式会社 大永建設
〒990-0036
山形県山形市三日町二丁目2-57
TEL:023-622-4984
E-Mail:daiei@ma.catvy.ne.jp
 

ライン

e-yamagataロゴ
Copyright