e-yamagata.com
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagata e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくりプロのチェック>気密工事
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
アイコンお金に関すること 『お金に関すること』
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
プロのチェック 『プロのチェック』
>はじめに
>参考物件
>地盤調査
>地縄
>地鎮祭
>遣り方
>基礎工事
>木工事/木構造
>屋根工事「屋根について」
>外壁工事「役割・豆知識」
>気密工事
>断熱工事「基礎知識編」
素人の目 『素人の目』
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
◇ 気密工事

住宅建築には様様な建築工法がありますが、FP工法でご案内させていただきます。

住まいの隙間をなくす工事を気密工事と言います。気密工事は、大工さんだけでなく、電気屋さん・水道屋さんなどの他の業種の職人さんの知識と手間が必要な工事です。

―建物の気密性とは?気密の必要性―

気密シートによる気密性確保暖房しているのに、足元がスースーする、暖房(冷房)を止めるとすぐに寒く(暑く)なるといった経験はありませんか?

冷暖房を使用すると、室外と室内に温度差ができます。温度差があると温度の高い方から低い方へ熱が動く現象が起こります。

つまり隙間が多い家はせっかく暖めた(冷やした)熱を外に捨てていることになるのです。

隙間を減らすことは、冷暖房費を少なくすることにつながるのです。


―気密性を高めると空気もきれいになる―

今、新築住宅を建てる場合、24時間換気システムを付けることが義務付けられています。(隙間だらけの昔ながらの家を建てる場合は別です。)
生活をすると出る二酸化炭素ガスや水蒸気・生活臭を強制的に換気をするシステムのことです。

隙間が多い家では、穴のあいたストローのように、色々な所から空気が入ってくるので適切な換気ができずに淀んだ部分が出来てしまいます。

気密性を高めることで、きめられた経路で適切な空気量を入れ替えることができるため、室内はいつも清浄な状態を保つことができるのです。


隙間をなくす気密テープ―隙間をなくすと家が長持ちする―

隙間から湿気が入ってくると、見えない壁内で結露を起こすことがあります。

結露は、カビ・ダニの温床です。しかも木材を腐られる原因にもなります。

木造住宅では、湿気は最大の敵です。

長持ちさせるためには、結露をなくすことが必要なのです。
―気密工事のチェックポイント― 

気密シートの重ねの幅は15p以上
断熱材と木のつなぎ目を気密テープでふさぐ
電気屋さんや水道屋さんの工事の後始末



―気密性は検査をしないと分からない―
気密検査建物の隙間は少なければ、少ないほど性能に優れています。

建物の隙間を表す数値に、隙間相当面積C値というものがあります。床面積1u当たりどのくらい隙間があるのかを示した数値です。

平成11年度省エネルギー基準では寒冷地2.0p2/u以下 その他5.0p2/u以下とされています。

この数値が小さいほど、建物の気密性が高い(隙間がない)ということになります。そして、建物は一棟一棟建てますので、同じ間取りでも同じ数値が出るわけではありません。

C値を調べるには、気密測定をするしかないのです。
FPの家の平均隙間相当面積は0.48p2/u です。40坪の建物に換算すると、一棟の建物に8センチ角の隙間しか空いていないことになります。

気密がキチンととれていない場合、気密測定を行うと、気密工事が不十分な場所が分かり、補修することが可能です。
気密測定をして、気密を確認することが大切です。

<< 外壁工事「外壁材の種類」 >> 断熱工事「基礎知識編」

−自由設計・注文住宅・自社大工の直接施工−
FPの家ロゴ株式会社 大永建設
〒990-0036
山形県山形市三日町二丁目2-57
TEL:023-622-4984
E-Mail:daiei@ma.catvy.ne.jp

ライン

e-yamagataロゴ
Copyright