e-yamagata.com
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagata e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくりプロのチェック>木工事
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
アイコンお金に関すること 『お金に関すること』
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
プロのチェック 『プロのチェック』
>はじめに
>参考物件
>地盤調査
>地縄
>地鎮祭
>遣り方
>基礎工事
>木工事/木構造
土台
建て方の状況
床組
小屋組
>屋根工事
>外壁工事
>気密工事について
>断熱工事「基礎知識編」
素人の目 『素人の目』
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
◇ 木構造「土台」
 木構造−主要構造部が土台・柱・梁・桁・筋違いなどの軸組で構成
土台
 木造住宅の柱の下部に配置して、柱から伝わる荷重を基礎に伝える役割を果たす横架材。
チェック@土台の防腐・防蟻処理
施工状況写真を撮影、保存しお客様に提出します。
土台は他の構造材に比べて劣化しやすい。
土台に使用する材木は防腐(くされにくく)・防蟻(シロアリに強い)性に優れている材木を選びます。 例えば、ひのき・べいひば・ひば・くり・けやき等です。
チェックA A.基礎と土台を緊結するアンカーボルト
 土台と接合部の状況を撮影、保存しお客様にご確認
アンカーボルトホールダウン金物
チェックA B.コーナーには火打ち土台
土台の隅々に取り付ける斜材で、土台のゆがみを防ぎ建物の隅を平面的に固めるので耐震に有効です。
チェックA C.土台の接合部の状況(継手・仕口)(材木の結合部写真)
継手仕口
チェックB大引き
最下階床の根太を支える。10cm前後の角材の横木で根太に直角に90cm間隔ぐらいに渡し端は大引き受けあるいは土台に敷かせる大引きの撓みを防ぐために90cm以内に床束を立て支える。
<< 木工事 >> 木構造「建て方の状況」
−自由設計・注文住宅・自社大工の直接施工−
FPの家ロゴ株式会社 大永建設
〒990-0036
山形県山形市三日町二丁目2-57
TEL:023-622-4984
E-Mail:daiei@ma.catvy.ne.jp

ライン

e-yamagataロゴ
Copyright