e-yamagata.com
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagata e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくりプロのチェック>外壁工事「外壁材の種類」
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
アイコンお金に関すること 『お金に関すること』
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
プロのチェック 『プロのチェック』
>はじめに
>参考物件
>地盤調査
>地縄
>地鎮祭
>遣り方
>基礎工事
>木工事/木構造
>屋根工事「屋根について」
>外壁工事「役割・豆知識」
通気工法
外壁材の種類
>気密工事について
>断熱工事「基礎知識編」
素人の目 『素人の目』
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
◇ 外壁工事「外壁材の種類」
塗り壁・モルタルセメントと砂、混和材を混ぜ、水を加えて練ったモルタルを下地に樹脂系の素材や漆喰・珪藻土をとそうとする方法です。 仕上げの方法によって様々な表情が生まれるのが大きな魅力です。
セラミック外壁釉薬の特性を生かして焼き物同様のガラス質を表面として使うものです。 汚れは雨水で流れ、耐熱・耐水・耐火性にもすぐれている素材で、色あせや劣化の心配もなく、メンテナンスはほとんどいりません。
レンガ・ブリックレンガやブリックを用いた外観は、欧米の邸宅を思わせる仕上がりになります。古レンガ風などバリエーションも広がり、デザインの幅も広がっています。
タイル張り古くから私達の生活に馴染んでいた材料ですが、焼き方や吸水率の違いで、磁気質・せっ器質・陶器質に分けられます。 水分を吸収しにくい磁気質やせっ器質は、耐候性・耐久性・耐火性にもすぐれ汚れが付きにくいのですが、経年に伴って劣化が始まるため、ひび割れなどを発見したときは、早急に対処しなければなりません。
ALCパネル鉄骨造・RC造の床・壁などによく使用されています。 耐火性に富んでおり、軽量、加工が簡単というメリットがありますが、衝撃に弱いく吸水性が高いため、外壁として使用する場合は、防水性の高い仕上げ材を使用する必要があります。
サイディング壁仕上げ用の板材のことで、窯業系と金属系・木質系があります。工場生産のため、品質が均一で外壁材の主流と言えるでしょう。 下地の合板に釘で打ちつけていくだけと施工性が高いのも魅力の一つです。
旧モデルハウスで使用した外壁材は『デラクリート』という外壁材システムです。
デラクリートデラクリート防火性・耐水性・耐久性にすぐれた材料であるとともに、外壁仕上げ材に対する自由度が高く、塗り・タイル・擬石当の張り物まで各種仕上げ材に対応可能な材料です。
 
旧モデルハウスは塗り仕上げにしました。
デラクリート セメントボード」は可とう性に富んだしなやかな面材により、クラックの発生を著しく低減することが出来ます。さらに、しなやかな特性から曲面壁が現場において容易に施工することが出来ます。
<< 外壁工事「通気工法」 >> 気密工事
−自由設計・注文住宅・自社大工の直接施工−
FPの家ロゴ株式会社 大永建設
〒990-0036
山形県山形市三日町二丁目2-57
TEL:023-622-4984
E-Mail:daiei@ma.catvy.ne.jp

ライン

e-yamagataロゴ
Copyright