e-yamagataトップページに戻る
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagataトップページに戻る e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくりお金に関すること税金>【軽減措置】居住用財産の譲渡所得にかかる繰り延べ控除
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
アイコンお金に関すること 『お金に関すること』
基礎知識
住宅ローンにつてい
>ローン借入額シミュレーション
税金
  ・印紙税
  ・登録免許税
  ・不動産取得税
  ・消費税
  ・固定資産税
  ・都市計画税
 軽減措置
  ・贈与税の非課税枠
  ・贈与税の配偶者控除
  ・住宅借入金等特別控除
  ・居住用財産の
  3,000万円特別控除
  ・居住用財産の
  譲渡所得にかかる
  繰り延べ控除
住宅資金の用語集
>お金のプランニングシート
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
プロのチェック 『プロのチェック』
素人の目 『素人の目』
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
 
住んでいる家屋を売却して新たに居住用家屋を取得する場合、売却によって生じた譲渡損失を所得税や住民税との相殺で減額する制度があります。
この制度を「居住用財産の譲渡所得にかかる繰り延べ控除」と言います。
ただし、この特例は次回に課税が繰り延べられるだけであり、納税義務が無くなるわけではありません。
 
 
ライン
 
特例を受けるためには、下記の条件を満たす必要があります
1.3,000万円の特別控除の適用要件に該当する物件であること
2.譲渡する家屋に10年以上の居住期間があったこと
3.新たに取得する住まいは、床面積が50u以上240u以下、敷地が500u以下であること

ライン

e-yamagataトップページに戻る
Copyright