e-yamagataトップページに戻る
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagataトップページに戻る e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくりお金に関すること住宅ローンについて>得する!ポイント
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
アイコンお金に関すること 『お金に関すること』
>基礎知識
>住宅ローンについて
  ・住宅ローン
  ・得する!ポイント
  ・利息って?
  ・ローンの諸経費
  ・返済方法を知りたい
>ローン借入額シミュレーション
>税金
>住宅資金の用語集
>お金のプランニングシート
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
プロのチェック 『プロのチェック』
素人の目 『素人の目』
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
 
住宅ローンを上手に利用するいくつかのポイントを「知っている」「知らない」では、資金計画に大きな差がつきます
 
収入合算
 
ライン
 
ローン申込者の収入だけでは借入基準額に届かない場合、同居予定者の収入を合算することができます。
たとえば、年収が400万円の人が借りることのできるのは(期間を30年と設定した場合)2,200万円程度が限度となりますが、配偶者に200万円の収入があった場合には、合算して600万円の収入があることになるので、融資額は3,300万円と大幅にUPすることになります。(〔荘銀〕まるごと住宅ローンの場合)
 
 
つなぎ融資
 
ライン
 
新築物件は、建築費を最終的に決済しないと所有権設定登記ができないため、抵当権を設定しローンを借入れることもできません。こういった場合や、買い替えのタイミングにより、支払期日が来てしまった場合など、一時的に利用できるのがつなぎ融資です。
ただし、つなぎ融資にも利息や、ローン契約書に添付する印紙代の諸費用がかかることをお忘れなく!
 
 
借り換え
 
ライン
 
高い金利のローンを、低利に借り換えて返済負担を軽くする仕組みです。 例えば、3,000万円を35年間の3%の元利金等で借りた場合の総返済額は4,850万円ですが、同条件で2%だと4,173万円となります。 この差額が月々の返済額となって、ご自身に跳ね返ってきます。 住宅ローンの借り換えには手数料がかかりますので、返済残高が1,000万円、利息差が1%、残り返済期間が10年以上ある場合を目安として行うものとされています
 
 
繰上げ返済
 
ライン
 
数か月分をまとめて返済し、返済期間や利息支払いを減らす仕組みのことです。
まとめて返済したお金は元金分に補填されるので、その期間分の利息の支払いも減り、ローン返済の負担が軽くなります。できるだけ早い時期に実行したほうが、メリット大です。
 

ライン

e-yamagataトップページに戻る
Copyright