e-yamagataトップページに戻る
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagataトップページに戻る e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくり建築に関すること>登記について
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
>スケジュール
>家造りの工法
>法令
>登記について
>建築用語集
>建築のプランニングシート
アイコンお金にかんすること 『お金にかんすること』
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
アイコンプロのチェック 『プロのチェック』
アイコン素人の目 『素人の目』
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
 
登記とは、「私のものです」と法律上の手続きを行なうことです。
言葉も難しいし、手続きはもっとわかりにくいものなので司法書士さんにお願いしたほうが賢いかもしれません。
新築した場合には、必ず登記申請をする必要があるので、ここでは基本的な仕組みについて軽く理解しておきましょう
 
 
ライン
 
不動産登記を行なう場合には、土地登記と建物登記の2通りを申請する必要があります。
これらを記した不動産登記簿は、登記所(法務局)に半永久的に保存されることになります。
また登記簿の閲覧や、謄本の請求は所定の手続きを踏めば誰でも可能です。
 
種類
所有権保存登記家を建てたり、新築物件についてはじめて登記すること
所有権移転登記所有者が変わったときに、権利の変更を登録しなおすこと
抵当権設定登記担保に差し出された物件の権利関係を記録すること
その内容
表題部土地の所在地・建物の種類・床面積など不動産そのものにかかわる事柄
甲区所有者や、共有者との権利そのものに関するする事柄
乙区抵当権や貸借権などの、所有権以外の権利に関する事柄
で構成されています。
 
 
ライン
 
購入した物件が担保として設定されていた場合など、契約以降に問題が発覚し、トラブルとなるケースがあります。
土地や中古物件の購入時には、必ず登記簿で前所有者を確認することが必要ですが、やはりプロにお任せするのが安全でしょう。

ライン

e-yamagataトップページに戻る
Copyright