e-yamagataトップページに戻る
|インフォメーション |サイト利用規程 |  街並み画像
e-yamagataトップページに戻る e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー登録 初めての方へ

e-住まいづくり建築に関すること>法令
□
アイコン建築に関すること 『建築に関すること』
>スケジュール
>家造りの工法
>法令
>登記について
>建築用語集
>建築のプランニングシート
アイコンお金にかんすること 『お金にかんすること』
アイコン山形の家 『山形の家づくり』
アイコンプロのチェック 『プロのチェック』
アイコン素人の目 『素人の目』
アイコンリンク集 『リンク集』
住宅ローンスクエア
まるごと住宅ローン
ハウジングプラザ
□
 
家を建てる時には、法律や規則が関係します。知ってました?
 
市街化調整区域建造物の種類高さ大きさ接道義務消防
 
 
市街化調整区域
 
ライン
 
各市町村毎に、県民会館や公園などの公共の計画施設の整備を重点的に行なう区域、環境の保全を行なうべき区域を、都市計画法で定めています。
その区域内に家を建てようとする場合には、許可を得なければなりません。
 
 
建造物の種類
 
ライン
 
土地はその場所によって‘住居系’‘商業系’‘工業系’で分類され、さらに細かく定義付けられています。学校のそばや住宅街に風俗店の進出は禁止など、周辺環境の保全のため土地の用途には規制があります。地域によっては、高さも制限されるので、設計前の確認が必要です。
 
 
高さの規制
 
ライン
 
建物自体の高さを制限するもの(上記参照)と、隣の敷地との関係で決められる「日照権」などがあります。
 
 
大きさの規制
 
ライン
 
敷地面積に対して、建ぺい率はどの程度か、また述べ床面積(容積率)も定められています。
 
 
接道義務
 
ライン
 
幅4メートル以上の道路に2メートル以上の敷地が接していなければ建築物として認めらません。
 
 
火災警報器の設置義務
 
ライン
 
平成18年6月1日以降、消防法により、新築工事や改築工事を着工する住宅は設置が義務付けられています。
 
 

ライン

e-yamagataトップページに戻る
Copyright